本当に抜くべき?知っておきたいインプラント

インプラント治療について知りたい

>

抜歯を避けるためには歯のケアが大切です

抜歯が必要な場合

虫歯で、治療する余地もないほど進んでしまうと歯茎の中にしか残っていない状態になります。
そうなると歯茎も晴れますし差し歯にすることもできませんので抜歯することになります。
歯周病が重度に進行し、歯を支える骨が溶けてしまい、ぐらぐらしてしまう場合も抜歯するしかありません。
歯茎もかなり腫れ、痛みを抑えることが出来ても噛める状態ではなく、周りの歯にも悪影響です。
歯根破折で歯の根が割れたりひびが入り、割れた部分から細菌の感染があれば植えることもできませんので、抜歯適応となります。
その他には、歯の根に病巣があり治療を繰り返しても炎症がある場合や親知らずや矯正治療や過剰歯など他の歯に悪影響のある歯は、抜く場合があります。

歯科医院を選ぶ時のポイント

今から、そして今後どのような治療をしていくのかという説明をきちんとしてもらうことが重要です。
治療によってのリスク・デメリットまで説明してもらえる歯医者さんがおすすめです。
また、すぐに歯をぬくことをすすめずに、まずは治療をしてもらえるところがいいでしょう。
他の歯に悪影響となる親知らずや治療不可の場合は、問題ありません。
自費ばかりをすすめる歯科医院は、利益優先の可能性があります。
保険内のものでもすぐ悪くなるものばかりではありません。
反対にインプラントの値段は平均で30万円前後です。
材料が高いためであり、極端に安い場合は、気を付けましょう。
口コミがよくてもサクラの場合もありますので、鵜呑みにせず必ず実際に歯科医院に行き説明をきちんと受けましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る