本当に抜くべき?知っておきたいインプラント

インプラント治療について知りたい

>

インプラント治療でのトラブルや注意点

治療前の注意点

インプラントの治療前に顎の状態を確認するための検査は行われますが、麻酔で歯茎を切開します。
全身疾患へ影響がないかのなど担当医に詳しく伝えましょう。
健康状態や顎の骨の状態を考慮して、インプラントのメリットやデメリットや他の治療法についても説明してもらい、不安のないようにしっかり確認していきましょう。
治療後にインプラントや人口歯のトラブルに対してどのように対応してもらえるのか保障について聞いてみましょう。
また、インプラントは歯科医院によって手術方法や種類、治療期間や費用などが異なります。
セカンドオピニオンを活用してみてはいかがでしょうか。
誤診も防げますし、治療の選択肢も増えることになります。
トラブルを防ぐためにも事前にしっかりと確認することが大切です。

インプラントのトラブル

顎の骨の幅や高さをしっかり診断が行われていなければ、インプラントの先端が骨を突き抜けたり落ちてしまうことがあります。
インプラントと顎の骨が結合するためには、位置や深さなどが適切である必要があります。
ドリルで穴を開ける時の摩擦熱で骨火傷状態になると結合はうまくいきません。
また、人工歯根にかぶせている人口歯も締め付けが不完全だと外れてしまいます。
嚙み合わせが悪いと負担がかかり破損したり、連結部分もゆるんでしまいます。
手術時、神経を損傷したり、器具が不衛生であったり、メンテナンスが不十分な場合は、細菌感染によってインプラント周囲炎を引き起こすこともあります。
症状が悪化すると骨が破壊され抜け落ちてしまいます。
腫れ、しびれなどが長期的に続くとトラブルが起きている可能性があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る